BIRDCALL

AFテスト


ちょっと時間が出来たので1D Mark IVで飛んでる鳥を撮ってみました。いままでも空バックで飛んでる鳥は問題なくピント合うけどバックが山とかに入ると途端にピントが後ろに行っちゃうのが新しいAFだとどうなんでしょ。
1D Mark IIIのAFより7Dの方がピントが抜けにくいという話を聞いたので、Mark IVはいかがなものか?
写真は人工物の前を飛ぶチョウゲンボウだけど、まぁこのくらいだと抜けずにピント合ってます。トリミングしてあるんで実際はもっと鳥は小さいけどMark IIIよりは良くなってるみたい。

チョウゲンボウ

チョウゲンボウ

ホントはたくさん撮ってテストしてみたかったけどこの日は風向きが悪く、ほとんど後ろ向きに飛ぶんでそうそうに帰ってきちゃいました。

先日AFマイクロアジャストメントで調整したピントの精度はかなり良くなったような・・・気がする。

連写はほとんどしないので高速連写もそれほど必要性を感じないし×1.3のセンサーも1Ds Mark IIIをトリミングすればいいじゃん・・・って思ったりもしてたんですが今回、テストとしてはちょいと消化不良だったけど、AFは良くなってそうなので少しはMark IVに対する評価が上がりました。
次は仕事の方でも使ってみよう。

  1. 2010/03/31(水) 17:43:59|
  2. 機材
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: